投資マンションで楽生活|安定に投資する利点

不動産

利害の一致が重要

不動産

投資マンションを売買する場合には、価格の査定方法が重要になります。物件を購入する際には、利回りを十分に確認するほか、物件が売却される理由などをしっかり聞くことが重要であり、売り手と買い手の利害が一致しなければなりません。

Read More

資金をコントロール

不動産

投資マンションは金融機関から資金を借り入れてでも大きなリターンが期待できる投資の一つです。重要なのは、確実なリターンが期待できる物件を選ぶことができるかどうかであり、将来的な需要が見込めるかどうか慎重に判断しなければなりません。

Read More

投資マンションの魅力

安定して収入を手に入れられる投資マンションを販売している業者を調べている方はコチラへ!サポート体制も抜群の業者が掲載されています。

安定収入が確保できます

不動産

安定的な収入を得たいと考えているのであれば投資マンションを保有することをお勧めします。投資マンションは不動産バブルの頃にブームになり、一旦は下火になりましたが、再び不動産ミニバブルにより価格の急上昇を見せました。その後、金融危機により投げ売り状態となり、今ではじわじわと価格を戻してきています。投資利回りは築浅物件で5%前後、築年数30年前後で8%前後となっています。銀行へ預金することと比べるとかなりの高利回りと言えます。一方、リスクもあります。一番大きなリスクは入居者がいなくなってしまうという空室リスクです。しかし、空室リスクは物件をしっかりと選別しておくことである程度回避することが可能となります。

持ち続けよう

価格は都市部の築浅物件で1500万円から1800万円程度です。一時期に比べると高くなっていますが、まだ不動産市場そのものに過熱感はあまりなく、これからも緩やかに上昇していくことが見込まれます。投資マンションの良いところは、仮に不動産市場が低迷しても家賃収入があるということです。つまり、保有している投資マンションが含み損を抱えている時期は家賃収入を得続け、不動産市場がバブル的な要素を見せ始めたら売却してキャピタルゲインを得るという投資戦略をとればよいのです。株式の場合、株価が大きく下落している時には配当金も支払えない状況となっていることが多く、無収入になってしまう可能性が高くなりますが、投資マンションの場合にはこのような懸念がないというわけです。

安定している

不動産

投資マンションを購入するということがサラリーマンやOLにも広がってきました。背景には事業性資金の貸出に苦戦している金融機関の姿勢の変化が挙げられます。今後、個人投資家にとって有利に不動産投資ができる時期が続きます。

Read More